商品

(完売) ¥5,700 / 2人前

 ※ 写真は1人前です
★★☆
難易度
調理日数
1 日間
1 h30 m
こんなことが学べます
  • ラム肩ロースを使ったラグー(煮込み)料理
  • イタリアのこだわり食材を初体験
  • 道具不要、作って楽しい手打ちパスタ
  • 前衛イタリアンの意外な食材の組み合わせ
 

(完売) ¥4,700 / 2人前

 ※ 写真は1人前です
★★★
難易度
調理日数
3 日間
22 h20 m
こんなことが学べます
  • 和牛ホホ肉に必要な丁寧な下処理
  • フォン・ド・ヴォーを使わずうま味を引き出す
  • 中火にも10段階ある。プロの火加減
  • 日本酒や穀物酢で日本人の舌に合わせたアレンジ
 

¥4,600 / 2人前  (1人あたり: ¥2,300)

 ※ 写真は1人前です
★☆☆
難易度
調理日数
1 日間
0 h35 m
辛い
こんなことが学べます
  • 素材を大事にした東シェフ流中国料理
  • 「郫県豆板醤」などの本場・中国の食材に触れる
  • 肉のうま味を逃がさずつるんとした食感を生む下処理
  • 最後に「ジュッ」、スパイスの香りの立たせ方
 

(完売) ¥7,600 / 2人前

 ※ 写真は1人前です
★★★
難易度
調理日数
1 日間
2 h30 m
こんなことが学べます
  • バスクの燻製パプリカパウダー、台北の馬告
  • レストランクオリティのホロホロ鳥に触れる
  • 詰め物をして巻き込む伝統料理バロティーヌ
  • ソースにも使えるマッシュルームの万能調味料
 

¥4,900 / 2人前  (1人あたり: ¥2,450)

 ※ 写真は1人前です
★☆☆
難易度
調理日数
2 日間
3 h
こんなことが学べます
  • 煮込み料理における、肉の火通し加減
  • タイやインドのフルーツ「タマリンド」の使い方
  • マリネしてから煮込んだ肉のおいしさ
  • うま味ではなく酸味と香りを使ったアジアの煮込み
 

¥5,200 / 2~3人前  (1人あたり: ¥1,733 ~ ¥2,600)

 ※ 写真は2~3人前です
★★☆
難易度
調理日数
1 日間
5 h
辛い
こんなことが学べます
  • 中国料理の「蒸(ジャン)」を学ぶ
  • 「温度を下げると味が失われる」という考え方
  • 中国・東北地方の乾燥野菜を使ってみる
  • 肉や野菜を変えてアレンジできるレシピ
 

(完売) ¥5,700 / 2人前

 ※ 写真は1人前です
★★☆
難易度
調理日数
1 日間
1 h30 m
こんなことが学べます
  • ラム肩ロースを使ったラグー(煮込み)料理
  • イタリアのこだわり食材を初体験
  • 道具不要、作って楽しい手打ちパスタ
  • 前衛イタリアンの意外な食材の組み合わせ
 

(完売) ¥4,700 / 2人前

 ※ 写真は1人前です
★★★
難易度
調理日数
3 日間
22 h20 m
こんなことが学べます
  • 和牛ホホ肉に必要な丁寧な下処理
  • フォン・ド・ヴォーを使わずうま味を引き出す
  • 中火にも10段階ある。プロの火加減
  • 日本酒や穀物酢で日本人の舌に合わせたアレンジ
 

¥4,600 / 2人前  (1人あたり: ¥2,300)

 ※ 写真は1人前です
★☆☆
難易度
調理日数
1 日間
0 h35 m
辛い
こんなことが学べます
  • 素材を大事にした東シェフ流中国料理
  • 「郫県豆板醤」などの本場・中国の食材に触れる
  • 肉のうま味を逃がさずつるんとした食感を生む下処理
  • 最後に「ジュッ」、スパイスの香りの立たせ方
 

(完売) ¥7,600 / 2人前

 ※ 写真は1人前です
★★★
難易度
調理日数
1 日間
2 h30 m
こんなことが学べます
  • バスクの燻製パプリカパウダー、台北の馬告
  • レストランクオリティのホロホロ鳥に触れる
  • 詰め物をして巻き込む伝統料理バロティーヌ
  • ソースにも使えるマッシュルームの万能調味料
 

¥4,900 / 2人前  (1人あたり: ¥2,450)

 ※ 写真は1人前です
★☆☆
難易度
調理日数
2 日間
3 h
こんなことが学べます
  • 煮込み料理における、肉の火通し加減
  • タイやインドのフルーツ「タマリンド」の使い方
  • マリネしてから煮込んだ肉のおいしさ
  • うま味ではなく酸味と香りを使ったアジアの煮込み
 

¥5,200 / 2~3人前  (1人あたり: ¥1,733 ~ ¥2,600)

 ※ 写真は2~3人前です
★★☆
難易度
調理日数
1 日間
5 h
辛い
こんなことが学べます
  • 中国料理の「蒸(ジャン)」を学ぶ
  • 「温度を下げると味が失われる」という考え方
  • 中国・東北地方の乾燥野菜を使ってみる
  • 肉や野菜を変えてアレンジできるレシピ