フランス家庭料理で学ぶ 料理の基本

シェフレピのミールキットが、シリーズ化。

おうちで楽しく料理を基礎から学べる!

トムヤムクンは、煮る(トム)混ぜる(ヤム)エビ(クン)を意味し、辛みと酸味、ハーブ類の複雑な香りが特徴的なタイを代表するエビのスープです。一方のブイヤベースは、南フランスを代表する郷土料理で、近海で獲れた小魚(雑魚)を香味野菜と一緒に炒めて煮る、トムヤムクンと同じく素朴な日本の寄せ鍋的なスープといえます。

どちらも魚介のスープですが、トムヤムクンは発酵調味料を使ったうま味を重ねますが、ブイヤベースは、魚や香味野菜のうま味を炒めたり煮込んでいく点で、うま味の重ね方がずいぶん異なります。

フランス料理をルーツに持ちながらベトナム料理だけでなく、タイやカンボジアなど周辺の東南アジア料理までも取り込んだ「モダン・ベトナミーズ」のコンセプトで「Ăn Đi (アンディ)」のシェフを務める内藤千博シェフは、この2つの異なる魚介料理を融合させた新感覚の”モダン・タイ料理”を用意してくれました。