フランス料理人 大野尚斗

大崎牛のポトフとマンゴープリン
(12月販売スタート)

世界20カ国以上を旅しながら、土地の食材を料理してきた大野尚斗シェフは、「大崎町の気候風土そのままといえるようなクリアなうま味がある」と絶賛する大崎牛を存分に味わってもらいたいと考案したレシピは、フランスを代表する伝統料理「ポトフ」です。

ポトフは本来、肉や野菜を一つの鍋で水や出汁で煮出す料理す煮込み料理ですが、大野シェフは、具材やスープを別々に調理していくことでより洗練されたポトフにアレンジしています。

具材のメインになるのは、大崎牛のなかでも大野シェフが「すごくきめ細やかでやわらかく、サシも入っているのに、くどくなくてさらりと食べらる」というモモ肉を、フランスを代表する食材フォワグラを巻き込んで焼き上げます。

スープは、大崎牛のスネ肉でとった澄んだスープ「コンソメ」。今回は、コンソメのベースになるフォン(出汁)から丁寧にとっていきます。

水が潤す食材の宝庫・鹿児島県大崎町

高隈山系の伏流水が豊富に流れ込み、豊かで清涼な水が里を潤すーー。鹿児島県の東部、大隅半島の東側に位置する大崎町は、鹿児島市内から車で3時間ほど。公共の交通機関でたどり着くのは困難な辺境の地です。

この豊かな自然に恵まれた大崎町では、全国的にも珍しい人工授精から繁殖、肥育を地域で一貫して行う和牛(黒毛和種)ブランド「大崎牛」や、温暖な気候を生かして栽培されるマンゴーやパッションフルーツなどのフルーツ、養蜂が盛んです。

2020年に初めて大崎町を訪れた料理人、大野尚斗さんは、「大崎町に湧く水のように、どの食材もピュアできれい。雑味を感じない」と、大崎町の食材のファンになったといいます。


調理にかかる日数: 日

0h 
作業時間
0h 
トータル時間
※ トータル時間に寝かし時間は含まれません ※ より詳細な調理時間は下記に記載 ※ トータル時間の算出方法は、並行して行う作業についても加味して算出しております
「▶︎」をクリックして詳細を表示

調理時間 (詳細)

こんなことが学べます

料理動画のダイジェスト

食材

付きの食材は配達されません。

使用する調理器具

アレルギー特定原材料28品目

卵、牛肉、大豆、鶏肉

※ 製品は工場で卵・小麦を含む製品を扱っています。

シェフのインタビュー

クリアできれいな大崎牛だからこそ “食材を活かす料理”ができる
フランス料理人 大野尚斗

今回のポトフは本来、スネ肉やスジ肉などの焼いては食べられない部位を煮込んでやわらかくし食べるという工夫が凝らされた料理です。今回大野シェフがとったコンソメも同様に、調理しづらい部位を、しっかりうま味を抽出しておいしく食べるために考案された料理でもあります。

とくに大崎牛は、クリアで透明なうま味は、今回使ったとうなスネ肉や端肉などをしっかり煮出して澄ますコンソメが一番良さを引き出せると思っています

¥0  (送料無料キャンペーン中) 
| /

※ 食材キットは発送から起算して4日以内にお召し上がりください。
※ 月・火・水曜日は配送に対応しておりません。

※ 食材キットにはお酒が含まれている場合があります。
※ 20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。