🏠 » シェフレピマガジン » ワインペアリング » まろやかでクリーミー、清涼感もともなう贅沢な「チキンコルマ」に合わせたワインは?
a

まろやかでクリーミー、清涼感もともなう贅沢な「チキンコルマ」に合わせたワインは?

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランから造られる白ワイン

稲田俊輔シェフの「チキンコルマ」は、多彩なスパイスを使用した料理であると同時に、まろやかでクリーミー、清涼感も伴う贅沢な一品。カレーには赤ワインと考える方も多いかもしれませんが、この料理に対してはまず「白ワイン」が頭に浮かびました。

よく冷やした白ワインをまず最初に前菜のサラダと一緒にいただき、少しワインの温度が上がってきたところで、このチキンコルマと合わせて楽しむのがおすすめです。

食材として、パクチー、トマト、コリアンダーパウダー、甘さと爽やかさを伴うスパイスのニュアンスが、ワインペアリングの大きなポイントになると判断。そして、料理が生まれた産地が温暖で日照量が豊富なエリアであり、そこで食べられていることも考慮して考えました。
 
そこで思い浮かんだのが、ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブラン*から造られる白ワイン。香りに感じられる清涼感のあるハーブとコリアンダーのようなニュアンスが特徴です。

#1 パクチー、トマト、コリアンダー

料理に使用されているパクチー、トマト、コリアンダーパウダーが、ワインペアリングにおいての大きなポイントになると判断。新世界のソーヴィニヨン・ブランから造られる白ワインの香りに感じられることの多い、ハーブ、コリアンダーのフレーヴァーが、これらの要素にしっかりと同調する。

#2 日照量が豊富なエリア

温暖な気候で生まれた、心地よいスパイス感、清涼感のある料理に対して、日照量が豊かなニューワールドのワインをセレクト。さわやかな辛口タイプの白ワインでありながらも、熟したフルーツのまろやかさを伴い、双方のバランスが絶妙に取れている。

#3 料理とワインの色調

チキン、ヨーグルト、ミルク、カシューナッツ、ライスから構成されるホワイトの色調に、パクチーによるグリーンのアクセント。食材の持つクリーミーさと清涼感に対してワインの香りと味わいの個性がしっかりと同調しながら、色調もしっかり重なり、心理面においての相性も高まる。

ワインペアリングの提案

ソーヴィニヨン・ブランの白ワインで有名な産地としては、ニュージーランド、フランスのロワール地方、チリ等が挙げられますが、今回のチキンコルマに対しては、はっきりとしたグリーンの要素と果実味を感じやすいニュージーランドをおすすめ致します。

オートゥ」のソーヴィニヨン・ブランは、柑橘フルーツとハーブ香、フルーティな味わいとのバランスが絶妙で、おすすめしたいアイテムの一つです。

オートゥ マールボロ ソーヴィニヨン・ブラン 2021
O:TU Marlborough Sauvignon Blanc 2021

購入はこちら ▶ https://otuwine.jp/products/detail/49

*ソーヴィニヨン・ブラン フランスのボルドー地方原産のブドウ品種で、現在は世界各地で栽培されている。多くは爽やかな辛口白ワインとなる。フランスの他、ニュージーランドやチリが有名な産地として挙げられる。ソーヴィニヨン・ブランから造られるワインの香りは、栽培される地域の気候によって、フレッシュな柑橘フルーツから甘くトロピカルな香りまで幅があるが、共通してハーブのニュアンスを感じる。冷涼な気候においては、しっかりとした酸味を持つ傾向がある。

チキンコルマ 稲田俊輔シェフ

コルマは乳製品やナッツで濃厚に仕上げる北インドのカレーです。ガラムマサラを使わず、あえてホールスパイスの上品な香りを引き出し、スープのようになめらかな食感にすることで、洗練された宮廷料理に仕上げていきます。インドカレーを作る基本のテクニックが詰まっていますので初挑戦の人にもピッタリなレッスンです。

連載
「料理がさらにおいしくなるワインペアリング~話したくなるペアリングのポイント」
田邉公一/ワインディレクター
シェフレピのメニュー1品に対して合うワインの提案を具体的な商品案内を含めて紹介します。記事内では、料理から導き出せるペアリングの3つのポイントをもとに、田邉さんがワインを提案。「料理と合う理由」を知ることで、実際に料理と一緒に飲んだときの感度が数段あがるはずです。簡潔にポイントがまとまっているからこそ、食卓を囲む人とともにそのポイントを話しながら楽しむことも可能。食事とワインによってさらに会話が進む。そんな豊かな食卓を、ペアリングを通して提案していきます。

Koichi Tanabe
ワインディレクター。ザ・リッツ・カールトン東京開業時よりソムリエを務め、在職中、フランス パリの二つ星レストラン「サンドランス」で研修。その後、フランスへの短期留学を経験し、フランス各地のワイナリーを訪問。レコール・デュ・ヴァン専任講師を経て、2012年 レストラン「L’AS」のオープンと同時に同店のシェフ・ソムリエに就任。

現在は、「タイソンズ アンド カンパニー」「ロワン」「ヘルマナス714」「麻布とさか」「マイアム ワイン」等のレストランやワインショップ、サイト、イベントのワイン、飲料の監修を手掛ける。ワインスクール「レコール・デュ・ヴァン」講師兼ワイン・SAKEディレクター。第6回キュヴェ・ルイーズポメリーソムリエコンテスト優勝。

2022年11月公開の映画「シグナチャー」にソムリエ役として出演予定。2022年5月に、シェフレピのワインアドバイザーに就任した。

【資格】
日本ソムリエ協会認定 ソムリエ
日本ソムリエ協会認定 SAKE DIPLOMA
日本ソムリエ協会認定 SAKE DIPLOMA INTERNATIONAL
WSET Level3 Advanced Certificate
フランス語検定準2級

【経歴】
2005年 第6回 ロワールワインソムリエコンクール ファイナリスト
2007年 第6回 キュヴェ・ルイーズポメリーソムリエコンテスト 優勝
2014年 全日本最優秀ソムリエコンクール クォーターファイナリスト
2019年 SAKE DIPLOMAコンクール 全国セミファイナリスト

田邉さんSNS
Instagram▶︎https://instagram.com/koichi_wine
Twitter▶︎https://twitter.com/tanabe_duvin
note▶︎https://note.com/koichitanabe

🏠 » シェフレピマガジン » ワインペアリング » まろやかでクリーミー、清涼感もともなう贅沢な「チキンコルマ」に合わせたワインは?
a