🏠 » シェフレピマガジン » ワインペアリング » 美食の街を連想させる胡椒風味のステーキとジャガイモの付け合わせに合わせたワインは?
a

美食の街を連想させる胡椒風味のステーキとジャガイモの付け合わせに合わせたワインは?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

スパイシーな要素をもつ北部ローヌ地方の赤ワイン

h.b.シェフの「3種の胡椒を使った牛肉のステーキ ジャガイモのリヨン風」の原案になっている、ステーク・オ・ポワヴル(黒コショウのステーキ)は、まさにフランスを代表する郷土料理の一つで、現地に訪れたら必ず食べたい一品。動画を見ながらお腹がすいてきました。料理自体が充分に魅力的なのですが、より美味しく楽しめるワインペアリングを考えてみたいと思います。

牛肉の味わいはもちろん、フランスのリヨン風ということでジャガイモと玉ねぎの美味しさを活かし、その土地ならではの組み合わせを意識しました。リヨンと言えばボージョレ地区がまず浮かびますが、胡椒がしっかりと使用されていることで、よりスパイシーな要素をもつワインが生まれる土地を意識し、北部ローヌ地方に注目しました。

#1 赤身の牛肉の味わいと鉄分的要素

赤身の牛肉の鉄分的要素に対しては、やはり赤ワインで合わせることが前提となります。赤身であることで脂質も多くないということから、タンニン(渋み)も中程度のワインであることを条件として考えていきます。

#2 3種の胡椒の風味

3種類の胡椒をふんだんに使用したスパイシーな肉料理。そのスパイシーさに対して同調することよって風味を広げるために、胡椒の風味をもつことで有名なブドウ品種「シラー*」を主体にしているワインに絞っていきます。

#3 揚げ焼きジャガイモと飴色の玉ねぎの香ばしい旨味

フランスの郷土料理らしくジャガイモと玉ねぎをたっぷりと使用した料理で、どちらも香ばしさと甘さを感じる仕上がり。こちらに対してまろやな甘味とコクを感じる熟度の高いブドウを使用した南フランスの赤ワイン、その中でも伝統的スタイルを貫いている生産者のワインを最終的にセレクトしました。

ワインペアリングの提案

上記の3つポイントを抑えた上で私がおすすめしたいのが、北部ローヌ地方を代表する生産者「ギガル」が造るエントリーラインの赤ワイン「コート・デュ・ローヌ ルージュ」。北部のシラーを主体にしたスパイシーで果実味豊かな赤ワインです。牛肉の鉄分的要素、胡椒のスパイシーさ、ジャガイモと玉ねぎの旨味にしっかりと相乗し、料理の味わいをさらに引き出してくれます。

比較的カジュアルなスタイルの料理ということも意識して、地方名ワインをセレクトしました。

コート・デュ・ローヌ・ルージュ
Côtes du Rhône Rouge
生産者 ギガル E.Guigal
生産者のサイトはこちら ▶https://guigal.jp/
購入はこちら ▶https://order.luc-corp.co.jp/shop/g/g10200001930/

*シラー:ローヌ地方原産の赤ワイン用品種。特徴的な「コショウ」の香りを感じる品種です。オーストラリアでは「シラーズ」と呼ばれ、同品種から造られる赤ワインは世界的な人気を誇っています。シラーは近年、フードフレンドリーな品種として人気が高まっている品種の一つです。

連載「料理がさらにおいしくなるワインペアリング~話したくなるペアリングのポイント」
田邉公一/ワインディレクター
シェフレピのメニュー1品に対して合うワインの提案を具体的な商品案内を含めて紹介します。記事内では、料理から導き出せるペアリングの3つのポイントをもとに、田邉さんがワインを提案。「料理と合う理由」を知ることで、実際に料理と一緒に飲んだときの感度が数段あがるはずです。簡潔にポイントがまとまっているからこそ、食卓を囲む人とともにそのポイントを話しながら楽しむことも可能。食事とワインによってさらに会話が進む。そんな豊かな食卓を、ペアリングを通して提案していきます。

この料理は、ステック・オ・ポワーブルと呼ばれる粗砕きコショウをはりつけた分厚い牛リブロース肉の塊をソテする(フライパンだけで焼き上げる)フランスの伝統的なステーキ料理です。フライパンで焼いたあとアルミホイルに包んで余熱で火を入れていきます。付け合わせの「ジャガイモのリヨン風」はステーキの付け合わせには定番のメニューです。

Koichi Tanabe
ワインディレクター。ザ・リッツ・カールトン東京開業時よりソムリエを務め、在職中、フランス パリの二つ星レストラン「サンドランス」で研修。その後、フランスへの短期留学を経験し、フランス各地のワイナリーを訪問。レコール・デュ・ヴァン専任講師を経て、2012年 レストラン「L’AS」のオープンと同時に同店のシェフ・ソムリエに就任。

現在は、「タイソンズ アンド カンパニー」「ロワン」「アフリカ―」「麻布とさか」「マイアム ワイン」等のレストランやワインショップ、サイト、イベントのワイン、飲料の監修を手掛ける。ワインスクール「レコール・デュ・ヴァン」講師兼ワイン・SAKEディレクター。第6回キュヴェ・ルイーズポメリーソムリエコンテスト優勝。

2022年11月公開の映画「シグナチャー」にソムリエ役として出演予定。2022年5月に、シェフレピのワインアドバイザーに就任した。

【資格】
日本ソムリエ協会認定 ソムリエ
日本ソムリエ協会認定 SAKE DIPLOMA
日本ソムリエ協会認定 SAKE DIPLOMA INTERNATIONAL
WSET Level3 Advanced Certificate
フランス語検定準2級

【経歴】
2005年 第6回 ロワールワインソムリエコンクール ファイナリスト
2007年 第6回 キュヴェ・ルイーズポメリーソムリエコンテスト 優勝
2014年 全日本最優秀ソムリエコンクール クォーターファイナリスト
2019年 SAKE DIPLOMAコンクール 全国セミファイナリスト

田邉さんSNS
Instagram▶︎https://instagram.com/koichi_wine
Twitter▶︎https://twitter.com/tanabe_duvin
note▶︎https://note.com/koichitanabe

🏠 » シェフレピマガジン » ワインペアリング » 美食の街を連想させる胡椒風味のステーキとジャガイモの付け合わせに合わせたワインは?
a